梅郷NCブログ ~活動日記~

千葉県野田市にある梅郷ナーシングセンター、梅郷整形外科クリニックの日々
-

和みカフェ バレンタイン

昨日はバレンタイン!皆さんは誰にチョコをあげたのかな?淡い恋心はもう彼方に・・・
ナーシングは愛あるカフェが開催。

あ



チョコのケーキと桃色のイチゴケーキのどちらかがメニューに

桃色ケーキの人気は想像以上。いつの時代も女子はピンク(桃色)がすきなのですね。

う

い

職員からは、ハートの折り紙に愛をこめて皆さんに渡しました。

-

節分会

2/2 (土) 節分会を開催。

2F デイケアから始まり、鬼も力がみなぎっています。

あ

豆・お手玉を鬼に力いっぱい投げ、鬼が『痛い』と倒れても、
まだまだと沢山投げていました。

2、3ヶ所目になると、利用者様の力に圧倒されています。

い

計6ヶ所を回った鬼たち、裏ではクタクタに疲れていました。

ええ


-

☆2月行事予定表☆

2月の月例行事は『節分会』です。

【梅郷ナーシングセンター】
の行事予定はコチラ↓です(クリック拡大)
2月ブログ用_入所_0201

【梅郷整形外科クリニック通所リハビリテーション】
の行事予定はコチラ↓です(クリック拡大)
2月ブログ用_通所_0201

-

施設内での携帯電話などの使用について

梅郷ナーシングセンターの施設内での携帯電話やスマートフォンの使用について、今一度のお願いです。

平成25年に総務省から発表された資料によると、ペースメーカーなどの医療機器が携帯電話やスマホが発する電波の影響を受けないためには、15cmほど離して使用することとなっています。

とは言え、携帯電話の通話で影響を受けるのは医療機器だけではありません。
通話中つい話に夢中になり、後ろにいた車イスの方、杖歩行の方にぶつかってしまう、とか話し声がつい大きくなってしまって周りの人たちがメイワクしてるのに気付かない、とか。

梅郷ナーシングセンターでは、携帯電話を使う方とその周りの方それぞれが快適に過ごして頂けるよう、施設内でのご利用に関しては場所を指定しています。
個室内や、使用許可が掲示されている場所で、マナーを守ってご利用頂きますようお願いいたします。



-

居宅介護支援事業所 講習会参加


平成31年1月17日(木) 平成30年度第5回野田市介護支援専門員協議会例会に参加してきました。
今回はキッコーマン総合病院院長久保田芳郎先生を講師に迎え、「人生100年 利用者もケアマネも元気に生きる」と題してご講演いただきました。

講師

講師2

元気に暮らすにはいかにして健康寿命を延ばすかが重要になりますが、それには間違った食生活を改めることが第一で、健康は良い食事からと食生活の大切さを呼びかけておられるそうです。

世界で最も健康に良い食事は和食といわれており、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。和食は主食・主菜・副菜と栄養バランスが良く、動物性脂肪が少なくて野菜が多いので健康に良いと考えられています。
ただ、塩分の摂り過ぎには注意しなくてはいけません。日本人は塩分を摂り過ぎる傾向があり、食塩摂取量世界第1位だそうです。塩分を摂りすぎると高血圧になりやすく、高血圧は脳血管疾患や心臓病等の原因となります。高血圧を予防するためにも塩分の過剰摂取には注意が必要です。

腸内環境を整えることも大切で、乳酸菌やビフィズス菌等腸内細菌の善玉菌を増やすことが健康増進に役立ちます。それには植物性乳酸菌が含まれる発酵食品を摂ることが極めて有効で、こちらも日本人が昔から長い間摂取してきた漬物や味噌、しょうゆ、納豆等が優れているとのことでした。

また、笑うことは脳内物質を活性化させ、免疫力を高め、病気になりにくくする効果があるそうです。久保田院長自身、講演会中笑みを絶やさずユーモアを交えてお話しされ、とても楽しく講演を聞くことができました。
利用者様の健康はもちろんですが、自分自身の健康にもさらに気をつけるようにして、明日からまた頑張ろうと思える、とても有意義な良い研修会でした。