梅郷NCブログ ~活動日記~

千葉県野田市にある梅郷ナーシングセンター、梅郷整形外科クリニックの日々
-

「自主トレボード運動」発声練習編

こんにちは、リハ科です。
早いもので秋も深まり、朝晩はぐっと冷え込むようになってきましたね。

今回は、9月にご紹介した「自主トレボード」の第二段、ST監修「発生練習編」のお話しです。
老化は、足腰や目や耳ばかりでなく、口の周りにも起こってきます。
若い頃に比べて声が小さくなった、声がこもってモゴモゴしている、活舌が悪い、聞き取りにくいと言われる…などなど。思い当たることはありませんか?
リハ科では、いくつかの自主トレボードを使って、口の運動をしてもらっています。
たとえば、
・舌の先の筋力をつける運動:言いにくい語(パ・タ・カ・ラなど)を繰り返して発声する
・嚥下筋トレーニング:頸の力を鍛える体操
・発声練習:早口言葉、長文音読(落語や文学作品のさわり、童謡や懐メロの歌詞を詠む)
などがあり、デイケアを利用されている皆さんにもなかなか好評です。
「むせにくくなった」「大きな声が出るようになった」などの効果も報告されていますよ。
嚥下ボード写真1

(リハビリテーション科)

-

最近、流行の…「足ゆび体操」

こんにちは、リハ科です。
あっという間に、すっかり秋ですね。

リハ科では、リハビリの一環として、主にデイケアの皆さんに、自主トレボードを利用した運動をしていただいています。
自主トレボードには、棒体操、表情筋の運動、手指の運動などいろいろありますが、その中で、今、皆さんに人気なのが…「足ゆび体操」なんです。

足の指、しげしげとご覧になった事って、ありますか? 足の指を動かすのは、意外と難しいのです。1本ずつ動かすとなると、至難の業。ほとんど無理かもしれませんね。
靴を履く生活が長いと、足の指を動かす習慣も減って、どんどん使わなくなってしまいます。血行が悪くなり、重心の位置もずれてきます。

そこで、「足ゆび体操」というわけ。足でじゃんけんをする「足ゆびジャンケン」、やってみてください。
チョキは、親指を1本だけ立てるか、曲げるかします。どちらがやりやすいかは、その人次第ですが、苦手な方をがんばると、より効果的ですよ。
外反母趾の方や、魚の目を繰り返している方などからも、効果があったという声をいただいています。

ブログ足指体操①
ブログ足指体操②
ブログ足指体操③
ブログ足指体操④
ブログ足指体操⑤

リハビリテーション科

-

意外と使える「100均」アイテム

こんにちは。「リハ科」こと、リハビリテーション科です。(よろしく!)
リハ科には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が所属し(今のところ、総勢20人です→意外と多い)、外来、入院、入所、通所、訪問をご利用の皆様の、毎日のリハビリテーションを担当しています。
リハビリの内容はさまざまなのですが、場合によって、多くの機械や道具を使用します。
いわゆるリハ機器から、調理道具などの生活用品まで多種多彩。
そんなリハ科で、最近流行っている便利アイテムをご紹介しましょう。
それは~~→100円均一のお店(seriaなど)で買える「プールスティック」です!!
直径10cm、長さ120cmほどの、発泡ポリエチレン製の円筒で、子供がプールでつかまって泳ぐための遊具です。おもちゃですので、色もカラフル。好みのものを選べます。
リハ科では、これを縦に2本並べて結び、背中の下に敷いて、①体幹ストレッチの用具として使用したり、お尻の幅にカットして、尻の下に入れて転がし、②バランス訓練用に使用。
さらに、車椅子での座位姿勢の安定のため、Uの字に丸めて背中に差し込んだり、太腿の横に入れたり、身体に沿わせて縦に差込んだりして、③シーティング材としても使用しています。
適度な硬さと加工しやすさがあり、何より安価なのがうれしいですね。「100均」なので、もちろん1本100円なんですよ!
よろしければ、写真を見て試してみてください。
また、新たなアイディアがありましたら、ぜひリハ科までお知らせくださいね!!
100均③100均①
100均②
100均④

リハビリテーション科

-

半日デイ もうひとつの楽しみ

梅郷ナーシングセンター 通所リハビリテーションは、午後だけの「半日デイ」です。
半日だけのリハビリ中心のデイですので、お風呂も食事もないけれど、楽しみ方はそれだけではありません。
リハビリ後の、ほっと一息ティータイムなどもあるのですが、バスを待つ間にはもうひとつのすごし方があるんです。
それは、仲間同士で楽しむ趣味の時間。
たとえば、折り紙でお花のくす玉作りに挑戦したり、囲碁や将棋、マージャンなども人気です。
一緒に楽しめる仲間が出来るのも、デイケアのいいところ。
デイで、身体も頭もリフレッシュしましょう!!
半日デイ もうひとつの楽しみ
半日デイ もうひとつの楽しみ

-

外来リハ室 リニューアル

梅郷整形外科クリニックのリハビリテーション室をご紹介します。
決して広い空間ではありませんが、頸、腰等の牽引装置や、低周波や干渉波による物理療法、平行棒やエルゴメーター等の運動療法機器が、ところ狭しと並んでいます。
これまで、担当理学療法士は1日3人体制で行って来ましたが、平成30年1月より、4人体制に増員されることになりました。
それに伴い、プラットホームや治療用ベッドもカラフルなものに一新、台数も増やしています。
より多くの患者様にお応えし、予約もより取りやすくしていく所存ですので、新生リハ室も、これまで同様、どうぞよろしくお願いいたします。
外来リハブログ


リハビリテーション科

このカテゴリーに該当する記事はありません。