梅郷NCブログ ~活動日記~

千葉県野田市にある梅郷ナーシングセンター、梅郷整形外科クリニックの日々
-

腰痛は、職業病?

こんにちは、リハ科です。

みなさま、体調はいかがですか?
ある程度の年齢になると、腰痛経験者が増えてきますね。
特に、医療、介護の職員には、腰痛持ちが多い印象です。
知識はあるはずなのに、どうしたことでしょうね~~?

当施設でも、毎年、「職員の健康管理」をテーマとした勉強会を行っています。
腰痛予防についても、リハビリテーション科の理学療法士等が中心となって、腰痛予防体操の実技なども取り入れて講義を行います。
今年は、去る7月17日に勉強会が行われました。
内容は、慢性腰痛のメカニズム、腰痛セルフチェック、股関節のストレッチ、腹横筋トレーニング、体幹トレーニング、介護場面での姿勢と動作…などなどです。
自分の体のことですので、皆、熱心に耳を傾けていました。
ブログ写真腰痛2019

実は、リハ科にも、腰痛経験者はたくさんいます。
自分だけは大丈夫、と思わずに、日ごろの心がけが大切…ですよね~~。


リハビリテーション科

-

訪問リハビリテーション 新メンバー登場

こんにちは、リハ科です。
あっという間に6月末。もうすぐ夏ですね!!

当リハビリテーション科には、外来、入院、入所、デイケアなど、さまざまな分野がありますが、「訪問リハ」もその一つです。
月~金、担当の理学療法士等が、皆さんの自宅へ出かけてリハビリを行うもので、生活に即した、実践的なリハビリテーションの提供が可能です。
訪問リハは、在宅支援の柱の一つとして、今後、さらに利用の範囲、活動の幅が広がっていく分野である事は間違いないと思います。
さて。これまでは、4人の理学療法士が訪問リハを担当して来ましたが、今年4月から、新たなメンバーが加わりました。
今回!
ベテランの男性PTばかりの中に加わりましたのは~~??
                      ↓↓
ブログ訪リハ2-1

                      ↓↓
ブログ訪リハ2-2
                      ↓↓
 ブログ訪リハ2-3
                     ↓↓
またまた、更なる安定のベテラン、安掛PTでした~!!
仕事の上では油の乗った、スリムな40代、ボウリングとアクアリウムが趣味の、ナイスガイ(昭和表現)です。
皆様、よろしくお願いします。

リハビリテーション科

-

新しい仲間


こんにちは、リハ科です。

早いもので今年も5月になりました。
年号も「令和」に変わり、新たな幕開けの気分がしますね。

今年のゴールデンウィークは、巷では10連休のところもあるようですが、リハ科は変わらず、毎日、デイや入所の方のリハビリに取り組んでいます。
今年になって入職した3名も、がんばっていますよ。
皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

ブ新入職⑥
ブ新入職④
ブ新入職⑤

リハビリテーション科

-

「月刊 デイ」に載りました!

こんにちは、リハ科です。
デイサービス、デイケア向けの月刊誌「月刊デイ」2月号(1/5発行)に、当施設に関する記事が載りました。
内容は、H29に愛媛で行われた「全国老人保健施設大会」で演題発表されたものの抜粋で、「デイケアで行う要支援のリハ」とのタイトルで、当施設OT が発表を行ったものです。
当デイケアにも、多くの要支援の皆さんが通って来られていますが、持てる能力をいかにして高め、在宅での生活に生かしていくのか、そのために、デイでのリハはどうあることが望ましいのか。そんな内容になっています。
「月刊デイ」は、写真や絵も多く、楽しく読める月刊誌ですので、演題原稿も読みやすく編集されていますよ。
もしご覧になるチャンスがありましたら、ぜひご一読くださいね。


ブログ写真月刊デイ①
ブログ写真月刊デイ②

リハビリテーション科

-

「車椅子クッションの話し」

こんにちは、リハ科です。
寒い日が多くなって来ましたね。
年末がひたひたと近づいてきます。
これが、「平成最後の…」というものなのでしょうか??
さてさて。
年末年始、12月30日~1月3日は、入所やデイ、外来のリハビリは、お休みです。
リハビリを継続している方にとっては、日々の生活そのものがリハなのですから、
完全なお休みなんかない…とは思いますが。
たとえば、車椅子をお使いの方にとっては、車椅子に乗り移ったり、駆動したりすることも運動であり、リハですよね。
それと同時に、車椅子にきちんと座って、姿勢を保つこともリハですね。
それを助ける車椅子用の除圧クッションも、ずいぶん種類が多くなってきました。
ウレタンのもの、ジェルのもの、エアの入ったもの、ゴムのもの。
フラットなもの、前高なもの、幅広のもの、厚みのあるもの、薄手のもの。
通気性のいいもの、濡れに強いもの、汚れの落ち易いもの、滑りにくいもの。
すべすべしたもの、ふわふわしたもの、しっとりしたもの、ざらざらしたもの。
安価なもの、豪華なもの。
それぞれに、利点と欠点があり、お使いになる方の好みや身体条件によって、合う、合わないが生じます。
リハ科では、車椅子だけでなく、車椅子用のクッションの検討やお試しも行っていますので、購入希望の際は、ぜひ一度ご相談くださいね。

皆様にとって、楽しく明るい年末年始でありますように!!

ブログ写真クッション①
ブログ写真クッション②
(リハビリテーション科)

このカテゴリーに該当する記事はありません。