梅郷NCブログ ~活動日記~

千葉県野田市にある梅郷ナーシングセンター、梅郷整形外科クリニックの日々
-

居宅介護支援事業所 講習会参加


平成31年1月17日(木) 平成30年度第5回野田市介護支援専門員協議会例会に参加してきました。
今回はキッコーマン総合病院院長久保田芳郎先生を講師に迎え、「人生100年 利用者もケアマネも元気に生きる」と題してご講演いただきました。

講師

講師2

元気に暮らすにはいかにして健康寿命を延ばすかが重要になりますが、それには間違った食生活を改めることが第一で、健康は良い食事からと食生活の大切さを呼びかけておられるそうです。

世界で最も健康に良い食事は和食といわれており、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。和食は主食・主菜・副菜と栄養バランスが良く、動物性脂肪が少なくて野菜が多いので健康に良いと考えられています。
ただ、塩分の摂り過ぎには注意しなくてはいけません。日本人は塩分を摂り過ぎる傾向があり、食塩摂取量世界第1位だそうです。塩分を摂りすぎると高血圧になりやすく、高血圧は脳血管疾患や心臓病等の原因となります。高血圧を予防するためにも塩分の過剰摂取には注意が必要です。

腸内環境を整えることも大切で、乳酸菌やビフィズス菌等腸内細菌の善玉菌を増やすことが健康増進に役立ちます。それには植物性乳酸菌が含まれる発酵食品を摂ることが極めて有効で、こちらも日本人が昔から長い間摂取してきた漬物や味噌、しょうゆ、納豆等が優れているとのことでした。

また、笑うことは脳内物質を活性化させ、免疫力を高め、病気になりにくくする効果があるそうです。久保田院長自身、講演会中笑みを絶やさずユーモアを交えてお話しされ、とても楽しく講演を聞くことができました。
利用者様の健康はもちろんですが、自分自身の健康にもさらに気をつけるようにして、明日からまた頑張ろうと思える、とても有意義な良い研修会でした。

該当の記事は見つかりませんでした。