梅郷NCブログ ~活動日記~

千葉県野田市にある梅郷ナーシングセンター、梅郷整形外科クリニックの日々
-

居宅介護支援事業所 講習会参加


平成31年3月19日(火) 平成30年度第6回野田市介護支援専門員協議会例会に参加しました。
今回は目白大学人間学部人間福祉学科教授石川正憲先生を講師に迎え、「精神疾患を学ぶ~統合失調症と双極性障害について~」と題してご講演いただきました。

石川先生は精神神経科学がご専門で、統合失調症における認知機能障害と予後に与える影響等を研究しておられ、留年・休学を繰り返す学生に対して、ピアサポートを中心とした支援等も行っておられる方です。



講師2

統合失調症と双極性障害は、どちらの病気も薬物療法や心理社会的治療・精神療法等行い治療します。ただ、完治は難しく、その後も社会的な援助が必要となっていきます。
基本的なかかわり方として、支持的・受容的に接して訴えを傾聴すると良いとのことでした。否定したり、批判したりしないことが大切です。また、"できないこと"ばかりに注目せず、ご本人様の"できること"を伸ばすことで、適応力を向上させるといった手法が適しており、多職種チームで関わっていけると良いとのことでした。

心の病気は目に見えないため、自分自身も病気であると理解できないことも多く、また、周囲に理解されにくく、偏見を持たれることがあります。社会の病気に対する知識や理解の不足が偏見を生み出していることが多く、これは社会全体の問題です。
ご本人様・ご家族様が不利益を被ることがないよう、精神疾患の理解を深め、優しく受け入れていけるような社会にしていきたいと強く感じました。

該当の記事は見つかりませんでした。