梅郷NCブログ ~活動日記~

千葉県野田市にある梅郷ナーシングセンター、梅郷整形外科クリニックの日々
-

「車椅子クッションの話し」

こんにちは、リハ科です。
寒い日が多くなって来ましたね。
年末がひたひたと近づいてきます。
これが、「平成最後の…」というものなのでしょうか??
さてさて。
年末年始、12月30日~1月3日は、入所やデイ、外来のリハビリは、お休みです。
リハビリを継続している方にとっては、日々の生活そのものがリハなのですから、
完全なお休みなんかない…とは思いますが。
たとえば、車椅子をお使いの方にとっては、車椅子に乗り移ったり、駆動したりすることも運動であり、リハですよね。
それと同時に、車椅子にきちんと座って、姿勢を保つこともリハですね。
それを助ける車椅子用の除圧クッションも、ずいぶん種類が多くなってきました。
ウレタンのもの、ジェルのもの、エアの入ったもの、ゴムのもの。
フラットなもの、前高なもの、幅広のもの、厚みのあるもの、薄手のもの。
通気性のいいもの、濡れに強いもの、汚れの落ち易いもの、滑りにくいもの。
すべすべしたもの、ふわふわしたもの、しっとりしたもの、ざらざらしたもの。
安価なもの、豪華なもの。
それぞれに、利点と欠点があり、お使いになる方の好みや身体条件によって、合う、合わないが生じます。
リハ科では、車椅子だけでなく、車椅子用のクッションの検討やお試しも行っていますので、購入希望の際は、ぜひ一度ご相談くださいね。

皆様にとって、楽しく明るい年末年始でありますように!!

ブログ写真クッション①
ブログ写真クッション②
(リハビリテーション科)

-

クリスマスバージョンでのワゴンサービス

今回のワゴンサービスは、クリスマスバージョンです。
1_201812131354094e7.jpg

ワゴン担当者からは、皆様にプレゼントのチョコパイをお渡ししました。
2_20181213135412977.jpg
「孫に上げるのでもうひとつ」の言葉で職員も、「マーいいか」とニコニコ。


クリスマスに不釣合いの、ふかし芋は、どうぞと御取りしても、「こちらの方が大きい」と目大きくして大人気でした。






-

居宅介護支援事業所 講習会参加


平成30年9月20日(木) 平成30年度第3回野田市介護支援専門員協議会例会に参加してきました。
今回は千葉大学医学部付属病院認知行動療法センター関陽一先生を講師に迎え、「援助者のためのメンタルヘルスケア~認知行動療法」と題してご講演いただきました。

講師

講師2

認知行動療法は行動と考え方の問題に焦点を当てて、問題の解決を目指す治療法です。
人は誰でも考え方や行動に癖があります。その自分の考え方や行動のパターンによって問題が起こり、その問題が長引いてしまう悪循環に陥ることが多いようです。そこで考え方や行動の幅を広げて柔軟にすることで、不安や落ち込み等の感情の困りごとを解決していくという心理療法です。うつ病や不安障害等の多くのこころの病に効果があることが実証され、広く使われるようになってきました。

医療・福祉の仕事は利用者様に寄り添い生活を支えるという、責任とやりがいのある仕事です。ただ、その反面、直接人と接して援助する仕事特有の悩みや不安を抱えやすいといった特徴があります。

自分のこころのエネルギーが空っぽでは、利用者様に対して良いケアをすることはできません。
ケアする人こそ自分へのケアをおろそかにしてはいけないのです。
自分のこころのエネルギーが空っぽにならないように、普段から自分のこころをケアする方法を分析し、利用者様により良いケアが行えるよう頑張っていきたいと思います。

-

☆12月行事予定表☆

12月の月例行事は『クリスマス会』です。

【梅郷ナーシングセンター】
の行事予定はコチラ↓です(クリック拡大)

201812入所行事表

【梅郷整形外科クリニック通所リハビリテーション】
の行事予定はコチラ↓です(クリック拡大)

201812デイ行事表

-

鬼柚子

デイケアのご利用者様が観賞用にと鬼柚子を持って来て下さいました。
ぶぶぶぶ

とても大きくて、ほんわかと良い香りがします。
他のご利用者様にも好評で持って重さを実感したり、大きさを自分のお顔と比べたりしていました。
ぶぶぶ

しばらくデイのお部屋に飾ってありますのでぜひご覧下さい。